資本主義は格差を拡大! ピケティ著「21世紀の資本」が話題です。

 年明け早々、インスタント食品などが続々値上げしています。アベノミクスによる円安が原因です。ますます格差が拡大します。
 日本共産党は総選挙で、“格差拡大の「アベノミクス」の暴走ストップ。暮らし第一への転換で経済をたてなおす”と訴え、大躍進しました。この流れを応援する現象が今、生まれています。「ピケティ現象」です。
 「毎日新聞」1月3日付け社説には、「戦後70年 ピケティ現象 希望求め議論始めよう」と呼びかけています。「ピケティ」とは、フランスの経済学者トマ・ピケティ氏のことです。彼の著書、「21世紀の資本」がアメリカでベストセラーとなり、今、日本でも話題となっています。その主張はズバリ、新自由主義を批判し、資本主義は貧困と格差を広げると警告。マルクスの「資本論」と同じ結論です。
 格差解消のために、ピケティが提案するのは、累進課税です。消費税増税と法人税減税をすすめようとする安倍首相にとっては、日本共産党とともに、強敵あらわるです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック