テーマ:後援会・行事

「第41回赤旗まつり」11月に開催

 後援会の役員会議に参加し、秋の全国的イベントである「赤旗まつり」について議論しました。  「第41回赤旗まつり」は11月1・2・3日、東京都江東区「夢の島公園」で開かれます。前売り参加券は一般:2500円、割引:2000円(中・高・学生、70歳以上)、小学生以下、障がい者は無料です。チケットぴあ、ローソンチケットでも扱います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故の被災地を行く。原発はゼロに!

 千葉市日本共産党後援会は10日~11日、福島県への旅行を兼ね、原発事故の被災地を視察しました。私も参加し、被災地を目の当たりにして、原発事故の恐ろしさを、あらためて実感しました。原発はゼロにしなければならないとの決意も新たにしました。写真を通して報告します。 ①津波に襲われた店舗。放射能による避難区域のために、3月11日の状態のまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域の後援会つどいで 市政報告

 地域の後援会で、市政報告会をおこないました。みんなの会のくろす康代さんの政策も踏まえ、報告しました。  現市長は、4年前のマニフェストでは「財政難を理由にした福祉カットは止める」「都市開発は時代遅れ。税金の無駄」と公約。ところが、難病見舞金の廃止や国保料を3度も値上げするなど、次から次へと市民サービスをカットし、公共料金を値上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市後援会総会 市長選、参院選へ 「がんばろう!」

 千葉市日本共産党後援会総会が開かれました。5月の市長選挙、7月の参議院選挙に向けて、市民の要求実現を掲げながら、「がんばろう」と決意を新たにしました。  市政について報告した野本信正団長は、熊谷市政の4年間で、市民負担が80億円以上も増え、一方で千葉駅西口再開発など大型開発には207億円以上もつぎ込まれたことを指摘。「市長はマニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲毛区市政報告会を開催

 予算議会の閉会を受け3月24日、稲毛区市政報告会を開き、新年度予算と党市議団の論戦内容を報告、参加者の質問に答えました。  2013年度予算は、引き続き大型開発継続、市民サービスカット・公共料金値上げを特徴としています。  新年度の主な市民への負担は、国民健康保険料の値上げや家庭ごみ有料化(ごみ1ℓ当たり0.8円)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more