テーマ:国政

消費税8%強行! 国民運動広げ、増税路線をストップさせよう

 「消費税が上がって、年金は下がり、医療費は上がる。これじゃ生活できない」─駅頭の宣伝中で、市民から寄せられた声です。  消費税8%で8兆円もの負担増。そのうえ、年金削減、医療や介護は改悪ばかりです。その一方で、大企業には大減税。「経済の好循環」どころか、くらしをこわし、日本経済を破たんさせる消費税大増税は絶対に許せません。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

党旗びらきで志位委員長あいさつ 大義は国民のたたかいにある 

 日本共産党の「党旗びらき」が4日、党本部で行われ、志位委員長のあいさつをインターネット通信で視聴しました。  志位さんは、昨年の政治情勢について、「全党の奮闘によって『自共対決時代の本格的な始まり』という新たな情勢を開いた」と特徴づけました。  また、秘密保護法や靖国参拝、沖縄新基地、原発、消費税増税など、安倍政権が国民、世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もお世話になりました。

 今年もたいへんお世話になりました。昨年末の総選挙から今年7月までは選挙続きでした。日本共産党は、都議会議員選挙で躍進、さらに参議員選挙で躍進することができました。その力で、都議会では、猪瀬知事の5,000万円問題を追及。参議院では、「ブラック企業」規制法(案)を提出。そして、秘密保護法(案)廃案の採決強行となった参院本会議では、唯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相の靖国神社参拝 世界の流れに逆行

 安倍首相が26日、靖国神社参拝を行い、国の内外から批判の声が上がっています。志位委員長は記者会見を行い、厳しく批判しています。  靖国神社は、過去の日本の侵略戦争を「自存自衛の正義のたたかい」「アジア解放の戦争」と美化し、宣伝することを目的にしています。ここを首相が参拝することは、侵略戦争を肯定・美化することになります。  戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密保護法の廃止へ 新たなたたかいを

 「廃案しかない」「慎重審議すべきだ」など、圧倒的多数の国民が短期間に声をあげたにもかかわらず、秘密保護法案が強行採決されました。国会には、1万5千人もの人たちが結集し、反対の声を上げていました。絶対に許せない暴挙です。  秘密保護法は、国民の知る権利を脅かすという内容だけでなく、決め方も民主主義を踏みにじるものです。  法律と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密保護法案の廃案へ JR稲毛駅頭で宣伝

 日本共産党は、秘密保護法案の廃案をめざし、11月2日から4日までの連休中、全国一斉宣伝行動を呼びかけました。  全国各地で宣伝行動が取り組まれ、稲毛区では4日、JR稲毛駅頭で宣伝、法案の廃案を訴えました。  秘密保護法は、防衛大臣など行政機関の長が「特定秘密」を指定し、それを漏らしたり、知ろうとする者を処罰します。秘密の範囲も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故・汚染水非常事態!

 福島原発事故による汚染水問題が重大事態になっています。しんぶん「赤旗」日刊紙28日付けは、一面に原発上空からの写真と「汚染水非常事態」の見出しを載せ、事態の重大性を報道しています。  原発1~4号機周辺には山側から地下水が1日1000トンも流れ込み、うち原子炉建屋地下に400トンが流入。高濃度の放射能汚染水となって増え続けていま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

68周年の終戦記念日。平和の尊さ次世代へ

 今日8月15日は68周年の終戦記念日です。テレビや新聞などで特集が組まれています。日本の侵略戦争とその終戦は、戦後政治の出発点であり、次代を担う若者にしっかりと伝えていかなければなりません。そして、憲法9条を守り抜くことが求められています。  私も戦争を体験していません。だからこそ、次の世代に伝えるためにも、戦争について聞き、学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻生副総理「ナチスの手口を学んだら」。政治を担う資格なし!

 「どんな手口を使ったのか?」。推理小説を読んでいると、ぐんぐん引き込まれます。最後の種明かしで「なるほど」と感心します。  現実社会では、同じ手口から犯罪が起こらないようにしなければなりません。ところが、「あの手口に学んだら」と発言した人物がいます。麻生太郎副総理です。  麻生氏は7月29日、都内の集会で「ある日気づいたら、ワイマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党躍進!8議席獲得 

 参議院選挙の結果、日本共産党は比例で5議席、選挙区で3議席(東京、大阪、京都)を獲得し、躍進することができました。千葉選挙区で寺尾さとしさんは残念な結果でしたが、3年前の党候補の得票と比べると、1.4倍に増やしました。多くのみなさんのご支援に感謝いたします。  日本共産党が躍進できたのは、「与党の暴走をストップさせてほしい」との…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あす投票日 日本共産党を躍進させて下さい

 いよいよ明日が参院選投票日です。消費税増税や原発再稼働、憲法9条改定、外交問題など争点は明確です。  日本共産党は、景気問題では、大企業の内部留保260兆円の一部を活用しての賃上げを提案するとともに、消費税増税を中止させ、「増税するなら富裕層へ」と訴えています。  原発問題では、政府が即時原発ゼロを政治決断し、廃炉をめざすこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寺尾さとし候補が第一声。勝利めざす!

寺尾さとし候補の第一声はこちら  参議院選挙が公示され、たたかいが始まりました。景気、消費税、原発、TPP、米軍基地、憲法など重要な争点が問われる選挙です。  日本共産党は、比例5議席(小池晃、山下よしき、紙智子、井上さとし、仁比そうへいの各候補)の絶対当選と、千葉選挙区では寺尾さとし候補の勝利のために全力を尽くします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都議選 共産党倍増17議席!

  東京都議会議員選挙で日本共産党は8議席から17議席に倍増しました。参議院選挙の前哨戦と言われ、国政選挙並みにたたかわれた選挙でもあり、大きく躍進できたことは本当にうれしいことです。この期待に応えるためにも、稲毛区でもがんばる決意です。  国政では「自共対決」の構図となっていますが、都政では「オール与党」対日本共産党の対決構図で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党が参議院選挙政策発表

 参議院選挙に向けて日本共産党は6日、「安倍政権の暴走に立ち向かい、『国民が主人公』の新しい政治を――参院選で問われる大争点と日本共産党の改革提言」を発表しました。  志位和夫委員長が記者会見を行い、そのポイントを説明。小池晃副委員長・政策委員長が同席しました。 同「改革提言」では、安倍政権の暴走について、「ほころびと破たん」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発なくせ!の共同行動 国会に6万人

 原発ゼロをめざす、「6・2NO NUKES DAY(ノーニュークスデイ)」は、どう盛り上がったのか。残念ながら参加できなかったので、気になっていました。  この共同行動は、原発をなくす全国連絡会、「さようなら原発一千万署名」市民の会(1000万人アクション)、首都圏反原発連合(反原連)の3者によるものです。「原発ゼロめざす中央集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党・古賀元幹事長 「赤旗」日曜版に登場

 自民党の古賀誠元幹事長が「しんぶん赤旗日曜版」6月2日付け一面に登場し、一般マスコミでも話題です。紙面を見た読者から「へー。すごいね」との声が寄せられています。  日本国憲法について古賀氏は、「憲法はわが国の最高法規。他の法規を扱う基準と違うのは当然」「平和主義、主権在民、基本的人権という崇高な精神は尊重しなければならない」「な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株価暴落。破たんの始まり

 このところ晴天に恵まれ気温は上昇。しかし、湿度が上がらないために、さわやかです。木々の緑も青空に映えています。  そんな中で飛び込んできたのが、東京株式市場での株価暴落のニュースです。 大規模な金融緩和で「投機とバブル」をあおってきたアベノミクス。破たんの始まりだと思いました。今後、どんな問題や矛盾が起こるのか、予想はできませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小池副委員長が千葉駅頭で演説

 日本共産党の小池晃副委員長・前参議院議員が千葉駅頭で演説、政治の転換を訴えました。  小池さんは、「慰安婦は必要」「風俗業の活用を」と発言した日本維新の会共同代表の橋下大阪市長について、「政治家の資格がないどころか、こんな発言をしていては、国際社会から見放される」と厳しく批判しました。  大規模な金融緩和や大型開発への財政出動…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

絶対に許せない橋下市長の慰安婦容認発言

 日本維新の会共同代表の橋下大阪市長が「兵士を休息させようと思ったら、慰安婦制度というものが必要なのは、誰だってわかる」「(米軍の)海兵隊の司令官に、もっと風俗業を活用してほしいといった」などと発言。国内外から批判が上がっています。  ところが、維新の石原慎太郎共同代表も「軍と売春は付き物だ」と同調し、松井一郎幹事長(大阪府知事)も「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9条とともに、96条を守ろう

 5月3日、憲法記念日です。安倍首相が憲法改定を参議院選挙の公約に掲げてたたかうと表明するなど、重大な局面の中での憲法記念日となっています。  安倍首相は、9条などの改定前に、「96条を改定する」と意気込んでいます。96条は、憲法の発議要件を衆参両院の3分の2としています。このハードルを下げて、過半数にしようというのが安倍首相の狙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”4月28日”を真の主権回復に向かう日に

 晴れ渡り、本当にいい天気でした。ツツジも満開を迎えています。身も軽くなる感じですが、61年前の今日、日本の進路は重く、重大な方向へとすすみました。  1952年4月28日。サンフランシスコ平和条約と日米安保条約が発効し、日本は形式的には独立国となったものの、実質的にはアメリカへの従属国の地位に縛り付けられ、沖縄・奄美・小笠原は米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アベノノミクス」は5本の毒矢

 アスファルトとコンクリートの隙間に根を張る「タンポポ」を見つけました。何年か前に、同じような厳しい環境で生える「ど根性ダイコン」が話題になりました。このタンポポも「ど根性タンポポ」と言えるかもしれません。  「野生でないダイコンには、『ど根性』をつけてもいいが、野生のタンポポに『ど根性』をつけるのは、どうか?」という意見がきそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

的を射た言葉 「アベノリスク」

 「アベノリスク」。今日の「赤旗」日刊紙を手に取ると、1面トップにありました。本質をついた言葉です。ところが、テレビ、新聞などでは、「アベノミクス」が効果を上げているような報道です。  「アベノミクスの効果を街の人に聞いてみましょう」。テレビのワイドショーのコーナーで、アナウンサーが街に出かけ、通行人や店員にマイクを向けると、「あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の嵐が桜に追討ち。「アベノミクス」もデフレ不況に追討ち。

 春の嵐が襲い、散りかけていた桜に追討ちをかけました。  今、「アベノミクス」も、デフレ不況にとっては、追討ちとなります。  昨日、日本共産党の佐々木憲昭衆院議員(写真)がデフレ不況問題を取り上げ質問しました。佐々木議員は、国内総生産(GDP)の6割を占める家計消費が、この10年間で6兆円以上も落ち込んでいることを指摘。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

返す必要のない給付制奨学金導入を

 企業の入社式の模様が報道され、新入社員がインタビューに、笑顔で答えていました。各学校でも、もうじき入学式が行われます。ピカピカの1年生の笑顔が浮かびます。  その一方で、複雑な思いで大学の門をくぐる新入生もいます。「世界一高い」といわれる学費の問題があるからです。さらに、奨学金の問題が重くのしかかります。奨学金に助けられた者とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲毛区新春のつどい 三輪さん、寺尾さんが決意表明

 3月の県知事選挙と7月の参議院選挙の勝利をめざして、稲毛区新春のつどいが北部診療所・健康会館で開かれました。  憲法がいきる明るい千葉県をつくる会の三輪定宣・県知事予定候補と、日本共産党の寺尾さとし・参院千葉選挙区予定候補があいさつしました。  寺尾さんは、情勢について、「表面では自民党政治復活への逆流が激しいが、消費税増税中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍内閣 ますます「財界中心」の政治に

 総選挙で「アメリカいいなり」とともに「財界中心」が、日本政治の大問題であり、ゆがみと訴えてきました。  国民が「消費税増税ノー」「原発ゼロ」「TPP参加反対」「オスプレイ配備反対」などと声をあげても、政治に届かないのは、「アメリカいいなり」「財界中心」が根底にあるからです。国民の声が届く政治をつくるためには、ここからの脱却が求められ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 新年あけましておめでとうございます。昨年はたいへんお世話になりました。総選挙では、残念ながら日本共産党は1議席後退となりました。しかし、掲げた公約は国民のみなさんの願いに基づくものであり、ますます重要となっています。  安倍内閣は、「デフレ脱却」のために、さらなる金融緩和と大型公共事業をすすめる方向を打ち出しています。消費税増税…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

参議院千葉選挙区に寺尾さとしさん

 来年7月にたたかわれる参議院選挙に、日本共産党千葉県委員会は、寺尾さとしさんを千葉選挙区候補として擁立することを発表しました。寺尾さんは、総選挙で千葉1区候補として奮闘した36歳の「若き行動派」です。  参議院比例の予定候補としてはすでに、小池晃、山下よしき、井上さとし、紙智子、仁比聡平の5氏が発表されています。  参議院選挙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙の結果について 公約実現へ引き続きがんばります。

 衆議院選挙で、日本共産党は議席倍増をめざして奮闘しましたが、9議席から8議席への後退となり残念です。寺尾候補は直前の立候補でしたが、奮闘し、前回の私の票より前進させました。  支持していただいたみなさんの期待に応えられるよう、引き続きがんばって行きます。とくに、消費税増税中止、原発ゼロ、TPP参加反対など、選挙で掲げた公約を実現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more